軽自動車をお得に買うためのコツ

当サイトでは、軽自動車をお得価格で購入するための見分け方を伝授したいと思います。中古車が欲しいと思ってもそもそも相場が分からない、や見積もり時点で思ったよりも値段が高かったという経験はないでしょうか。店頭の値段を見積もっていたら、登録手数料が思ったよりも高かったなんてこともあるでしょう。そんなことが起きないように、どういったところをお店で聞けばいいのか、参考にしてもらえると嬉しいです。だいぶ変わってくるはずです。

中古の軽自動車の価格は安い?お得に買うためのコツ

中古の軽自動車の価格は安い?お得に買うためのコツ 軽自動車にしろ中古車は窓のところにプライス価格が載っていて、その値段を参考に考えている方もいるのではないしょうか。実はこれは車両価格が書いてあるだけで、そこから尚登録費用がかかる場合がほとんどです。軽自動車の場合は大体登録費用は10万程度かかりますが、普通車の値段の半分程なので、お得感は高いと考えられます。軽自動車は車庫証明がいらない地域も多く、取るとしても普通車よりも安いためにお得です。まずお店でめぼしい車を見つけたら、お店の人に登録費用を聞いてみましょう。後は、新車の値段を聞いて同じ程度の値段ならと考える材料にするのもおすすめです。軽自動車は普通車に比べて、新車との値段さが少ないので確認しておくことをおすすめします。安いかどうかわかるはずです。

中古の軽自動車はメーカーの直営店のものもあります

中古の軽自動車はメーカーの直営店のものもあります 中古で軽自動車を購入しようとしたとき、より信頼性の高いものを買いたいならメーカーが直営で販売しているお店で購入するのがポイントです。ディーラーの直営の販売店ならきちんと整備されたものが適正な価格で売られていますので、少し割高に感じるかもしれませんがリーズナブルな値段のものもあります。 軽自動車は新車で買うと少し予算をオーバーしてしまう、という時にはこうしたメーカーが直営で販売しているものを買うのも一つの方法です。又、いろいろなメーカーの車体を販売している中古車専門店は掘り出し物があるのでそういうお店を利用するメリットもあります。 販売店によって、保証の期間や有無などが異なりますのでそれらのアフターメンテナンスを比較して選ぶのも良いでしょう。購入してからも色々な不具合が出ることがありますし、数か月の保証がついていると安心です。軽自動車を選ぶなら、実際に試乗をすることができるところを選ぶのも重要です。買ってから乗り心地が悪かったりイメージと違う、ということがないように実際に乗ってみて気に入ったものを購入しましょう。軽自動車は普通車に比べると燃費などの維持費が安いですので、近年ますます人気が出てきています。

軽自動車がなぜ選ばれるのか、その魅力を知ろう

昨今ではメインカーとして軽自動車を選択するユーザーが増えています。
自動車メーカー各社が魅力的な車種を開発し、新車売り上げも好調という実情があります。気になるのがなぜ人気なのかという点ですが、ひとつに年間維持費の安さが理由に挙げられるでしょう。自動車は買う時だけでなく、買った後の維持のことも考えなければいけませんが、軽自動車は普通自動車と比較をしても、税金面や消耗品代が安く済む傾向があります。できるだけ安く自動車を維持したい層にまさに打ってつけな車です。とはいえ軽自動車の場合、実用面で犠牲を払うことになるのではというイメージを持たれることも多いです。そのためコンパクトカー以上のボディサイズを選ぶ層もまだまだ存在します。しかし昨今の軽自動車は従来のものよりも品質が高められており、使い勝手の面で十分な満足感を得ているオーナーが増えているのです。広い車内空間やデザインの上質化、追求した高いユーザビリティなど、普通車にも引けを取らない魅力で多くのカーオーナーを惹きつけています。

小回りが利く軽自動車は、狭い道路でもストレスが少ないです

本体価格も維持費も安いことが軽自動車の魅力です。かつては狭くて遅いから、我慢しながら運転する乗り物というイメージがありましたが、現在は居住空間と走行性能の不満は減りました。意外と軽視されがちな項目が小回りで、軽自動車はこの点で優れています。
自動車の小さく回る性能は、最小回転半径で表現されます。軽自動車の中でも小型のアルトは4.2メートルで、普通自動車の人気車種プリウスは5.1メートルです。最小回転半径とは、ハンドルを最大限に切った状態で走行し描く円の半径です。この円が小さいということは狭い道や駐車場でも、スムーズに走れるということです。切り返しをしなければならないシーンでは、少ない回数で済みます。
小回りが利く自動車に乗っていて恩恵を感じるのは、狭い道路を走るときです。他の車とすれ違うときも安心感がありますし、切り返しが必要になることは少ないです。京都など自動車が普及する前から住宅が建ち並んでエリアでは、恩恵を感じる機会が多いでしょう。

軽自動車は若葉マークでも安全に運転がしやすい

自動車を運転するには免許を取得しないといけませんが、免許を取得して1年間は若葉マークを表示しないといけない法律がありますから、初心者のときは常に運転をするときに車両にマークを貼っておかないといけないです。初心者のときは運転技術も未熟ですし、道路の状況に慣れていませんから通常よりも事故に巻き込まれる確率が高い特徴があります。そのため若葉マークの段階では軽自動車を選んで乗ったほうが安全なので、最初に車を買うときは運転のしやすい車両を選んだほうが無事故で運転の技術を上げていける筈です。 軽自動車は小回りが利くので狭い住宅街で前から対向車が走ってきた場合でも、スムーズに交差することができると考えられます。軽自動車は加速力もそこまで強くありませんから、危険な運転を避けながら安全に運転ができる力を身につけることができます。軽自動車は価格も安い傾向がありますから、若い人が免許を取得した後に買いやすい特徴もあるので、金銭的な面でもメリットがある筈です。

自分の軽自動車でペーパードライバーのための運転講習を受けられる

自動車の運転免許を取得しても、自動車に乗る機会がなかったりするとペーパードライバーとなってしまいます。 ペーパードライバー講習の魅力的なところは、自分の車で運転講習が受けられるところです。 いつも乗っている小回りの利く軽自動車であれば、いつも乗っている車なので講習を受ければ、運転することができるようになります。 普通車よりも安全に運転できる車として人気が高まっている軽自動車なので、せっかく取得した運転免許なので、練習をして家庭にある軽自動車を運転してみたい方も多いです。 ペーパードライバーの講習は、実際の自動車教習所で行うことができるので緊張することはないです。 料金は教習所によって金額に差が出てきますので、お近くの教習所ではいくらか調べてみるといいです。 相場としては1時間9000円で高くても15000円となってます。 一般的に行っている運転講習は10時間くらいです。 教習所によっては一日2時間の短期講習を受けられるところもありますので、忙しい方は利用してみるといいです。

軽自動車ドライブをしている時に左折時気を付ける点

軽自動車を運転している時に左折時に気を付けてもらいたい点は、横断歩道を歩いている方がいないかです。信号は青になっている場合が多いので、青になってる間は歩行者優先です。 お年寄りや体の不自由な方がゆっくり歩いている場合もありますので、左折する時には気を付けることです。 走っていて信号も青から赤に変わりそうな時に急いで左折される方もいますが、その場合は事故につながりますので、必ず徐行することが大事です。 悪質な軽自動車の運転者は、急にハンドルを切ってしまい、自転車と衝突されることもあります。 横断歩道を通過する時には、歩行者がいないか、渡ろうとしている方はいないか確認をする必要があります。 左折時に前方だけを注意するのではなく、後ろにいる車にも注意しなければならないです。左折レーン があれば、ウインカーを出して左折レーンに移動することになりますが、普通の道路では左折レーンがないところも多いです。 左に曲がろうと思ってもウインカーを出さないと、後ろの車は直進すると思ってしまいますので、曲がる時にはウインカーは早めに出すことをおすすめします。

外国人は国際ライセンスで軽自動車に乗ることができる

日本人が海外に多く出て行っているように、海外の方も日本に多く来られ仕事をされています。本格的に仕事を始めるとなると、足となる車も必要となってくるわけですが、日本には軽自動車という独特のタイプの自動車があります。この軽自動車は、普通車と比べ少ない排気量の車のことを指しますが、狭い日本の国土にあったものとして日本で作り出されたものです。税金が安くなるということや普通車に比べ燃費が安いということから、農村部や都市部で多用されています。 このような事情から、外国人の方で軽自動車を利用されるという方もいらっしゃいます。海外の方の場合には、日本で運転免許を取られる方もおられますが、自国でのドライバーライセンスをもとに国際ライセンスを取得しておられている方もおられます。軽自動車は特殊なタイプですので、この国際ライセンスでこの車に乗る事ができるかということを心配される方もおられますが、運転免許としては問題なく利用できるということになっています。

軽専用駐車場に軽自動車以外の車両が停まるのは法律違反になるのか

今日、駐車場には軽自動車専用のスペースが設けられているケースが少なくありません。このスペースはもちろん、軽自動車が停められるようにつくられていますが、普通車をはじめとした他の種類の車両が駐車していることがしばしばあります。実は、この行為は法律違反にはあたりません。理由は、商業施設の敷地内などに設けられているパーキングスペースのサイズに法令に基づく規制がないからです。枠からはみだしていたり、明らかに場内のルールを破って駐車している場合なら、車を運転してきた人を非難することはできますが、きちんとルールに則って停まっている場合は責任を追及することは極めて難しいです。 したがって、駐車場の軽自動車専用になっている部分の利用は、マナーの範囲の問題となります。通常の駐車スペースが空いている場合に専用の場所に停めるのはマナー的には良い行為とはいえませんが、場内が混雑していて停められそうな場所がないのであれば、空いている軽自動車専用スペースに停めることは咎められにくいでしょう。

装備でかなりの開きがでる軽自動車の中古相場について

一昔前の軽自動車といえばエアコンでさえオプションというものが当たり前でした。しかし、今では各種センシング機能やハイブリットエンジン・アイドリングストップ機能といった豪華装備が多く搭載された車両もあります。それに伴い中古車両価格も上がっています。
相場を決めるのは主に設備・車両モデル・年式・走行距離の4つです。これは軽自動車でも当てはまり、とくに廉価グレードとオプショングレードの幅が広いモデルでは、相場にもかなりの開きが生じます。
一般的には年式が新しく、走行距離が短いものほど中古相場の価格は高くなります。したがって、値段は気にしないから新品に近いものが良いという方は年式や走行距離で選ぶことをお勧めいたします。
一方で、最近の車両は頑丈にできているものが多く、昔と違い10万キロ走行したものでも整備がきちんとされていれば問題なく乗り続けることが可能です。したがって、安く高級車両を手にしたいという方は、整備がきちんとされた過走行車は狙い目といえます。

燃費の良い軽自動車は中古で購入して予算の節約を

もし燃費の良い車を探しているのなら、普通車よりも軽自動車を選ぶ方が良いです。車両が軽い上に排気量が660ccに固定されているため、少ないガソリン量なのに航続距離がとても長くなります。それだけガソリン代が節約できるので、家計の負担が減ってすごくお得です。
またガソリン代だけでなく、税金や保険料も安くなります。大きさはコンパクトですが室内は結構広大なスペースがあるので、大勢で乗ってもゆったりと使えます。トールワゴンやハッチバックなど、車両の形によって使い方を選べるのも大きなメリットです。
そして軽自動車は新車ではなく、中古車を選ぶと良いです。新車だといろいろなオプションを付けてしまい高額になりがちですが、中古車だと十分な装備があらかじめ備え付けられているので、わざわざ頭を悩ませる必要がありません。
しかも購入価格を大幅に節約できるので、その分を生活費に回せます。店舗でもインターネット上でも数多く取り扱われているので、目的の車種をすぐに見つけることも可能です。ぜひ購入を検討してみてください。

中古軽自動車の購入は車検とセットプランがおすすめ

中古で軽自動車を買う場合にチェックしておきたいのが車検の有無です。安い価格で軽自動車を購入できたとしても、車検が残っていない状態では追加の費用がかかってしまいます。
販売価格に車検が含まれておらず、安いからといって飛びついて購入したものの後々になって車検の追加費用が高くつくことに気づいたという人もいるのではないでしょうか。
中古の軽自動車を購入する際は、車検とセットプランが用意されているものがおすすめです。車検とセットプランのものは車検満了日までまだ日にちが残っており、購入さえすればすぐに使用することができます。
納車後はすぐに使いたい、改めて手配をするのが面倒といった場合にもセットプランを活用すると良いでしょう。
また、セットプランになっている軽自動車であっても、期間満了までどれぐらい残っているのかの確認は必須です。残りの期間が短い場合には、購入してすぐに自力で車検の準備をすることになってしまいます。

中古軽自動車を購入する際には自宅のスペースを要確認!

自動車を持つことが当たり前となった昨今、中には二台目として中古の軽自動車を購入したいと考える人も多いようです。しかし、そんなときに注意が必要なのは自宅の駐車スペースです。
確かに普通自動車と異なり、所有時には車庫証明を取る必要は無いのですが、入手してからひと月以内には警察の査察が入る為、実際には車庫を用意しておかねばなりません。
軽自動車だから空いている所に入るだろう、と考える方もいらっしゃいますが、大きな車種ではミニバンと見間違えるほどの物もあり、いざ自宅に駐車しようとしたときに入らないと言ったケースもあります。
したがって、入手する際にはカタログから大きさを確認するとともに、展示場やディーラーで実車を確認しておきましょう。横幅や長さのみではなく、高さにも注意が必要です。
軽自動車であっても、所有する際にはその責任が生じます。自宅に停めてからスペースが足りなくて入らないとならない為にも、事前に確認しておきましょう。

中古軽自動車の購入時には電気系統も注意して確認!

昨今の半導体不足にともない、新車が手に入れられないという事態が続いています。これに伴い、中古車価格が飛躍的にやがりました。ここでは車を購入する際に確認しておきたいポイントについて説明いたします。
軽自動車の中古車両を購入する際には、エンジンやタイヤ・駆動部分などはもちろん、配線や電球といった電気系統の確認も必要です。
一般的には電装系は修理が困難で、購入後に不良が発覚した場合の修理代金がかさむ要因になるからです。また、走行時の不具合は事故にもつながる恐れがあります。
また、台風や洪水などの災害を受けた水没車では、電気系統内部にも泥や水分が進入しているケースがあり、故障が頻発する恐れがあります。
とくに、最近の車両は軽自動車であっても内装が豪華なものが多く、水滴によるショートの危険性も考えられます。
購入前には試乗はもちろんのこと、ボンネットやカーペットなどをめくり、泥や水滴が付着していないかを念入りに確認しておきましょう。

軽自動車はさらなる進化を続けより注目されている

軽自動車は、経済的で環境に優しい選択肢として長年にわたり人気です。以前は単に小さくて燃費が良いという特徴に注目されていましたが、現在は様々な最新技術や便利機能を備え、快適さと安全性を大幅に向上されています。
最近の軽自動車の大きな進化の一つは、安全技術の向上です。自動ブレーキシステムや車線維持支援システム、衝突回避支援システムなどかつては高級車にのみ搭載されていた高度な安全機能が装備されています。
小型車であっても高い安全性を確保し、ドライバーと乗員を守ることが可能です。インテリアの質の向上も注目点となっています。
以前は狭い空間と質素な内装が一般的でした。現代のモデルでは、快適な乗り心地と洗練されたデザインが提供されています。
高品質な素材の使用や静音性の向上、広々としたキャビンスペースの提供など長時間の運転でも疲れにくいと注目です。
燃費効率の面でも進化が見られます。軽自動車はもともと燃費が良いことで知られていますが、より効率的なエンジン技術や軽量化により、一層の燃料効率の向上が図られ、環境への影響をさらに減らしながらも維持費を抑えることが可能です。
ナビゲーションシステムやスマートフォンとの連携、高品質なオーディオシステムなど快適なドライブをサポートする多彩な機能が備わっています。

軽自動車は燃費が最強だというのは本当なのか

軽自動車は燃費が最強だと思って乗っている方も多いのではないでしょうか。昨今はガソリン代が高騰しており、なるべく燃費のいい軽自動車に乗り換えようという人も増えてきています。
軽自動車の燃費がいいのは確かで、街乗りとして使うならおそらく最強の燃費を誇るはずです。ところが、乗るシーンによっては逆に燃費が悪くなることもあるので注意が必要です。
例えば坂道などを走る場合には、パワー不足により燃費が悪くなってしまう可能性があります。山道などを登ると実感することですが、アクセル全開でも非常に厳しいです。
アクセル全開で運転していると、ガソリンをどんどん消費してしまい、結局燃費が悪くなってしまいます。また重い物を積み過ぎると燃費が悪くなります。
軽自動車が燃費がいいのは、重量が少ないからという理由がありますが、重いものを大量に積んだりすれば、当然燃費が悪くなってしまうでしょう。自分の利用用途や利用シーンに合わせて考えることが大事です。

軽自動車は運転テクニックが未熟な人にお勧めです

人気国産メーカーの軽自動車は、バックやサイドモニターが付いており安全性能が向上しています。 自動車免許を取得したばかりの大学生や社会人、視力や聴力が衰えている高齢者は運転テクニックが未熟だったり、若い頃に比べると衰えていることがほとんどです。
最新の軽自動車は衝突防止機能が搭載しているため、動物が突然飛び出してきたり、車と接触しそうになった時でも回避しやすいのが魅力と言えます。
通勤や通学をしている人は悪天候の日でも運転をしないといけないため、死角が少なくフロントガラスが広い自動車を選んでおくと良いでしょう。
運転テクニックが未熟な場合でも小回りが利くので、狭い道でもスムーズに走行できるのが魅力です。 山道や坂道を走行する時でもターボ機能が付いているので、運転時の負担が少ないのが魅力と言えます。
人気のメーカーや車種の軽自動車は、価格は高めですが安全性能が優れているのが魅力です。 運転歴が浅い人でも危険を回避して安全運転ができます。

軽自動車は大人が乗っても窮屈なほど狭くはない

軽自動車は狭いというイメージがあり、大人が乗るには辛いと思っている人もいるのではないでしょうか。 たしかに一昔前の軽自動車は小さく狭かったので、そのイメージを持っている人は現在でも窮屈なのではと思ってしまいがちですが、余程大柄な人でもなければ十分な空間があります。
それどころか車種によっては下手な普通車よりも広々としていて、車内空間に限って言えば快適なことも珍しくありません。
もちろん、大人が四人乗車するとなると手狭さを感じることもあるでしょうし、力不足を実感することになるのも事実です。
しかし、基本的に軽自動車というのは、日常的に多人数を乗せて走ることを想定するものでもありませんし、その状態で長距離を移動することは多くないと考えられますから、それが問題となることは稀だと言えます。
たまにフル乗車する分には困りませんし、力不足であっても走行できなくなるということはありませんから、軽自動車は広さもパワーも必要十分なものがあると言えます。

加速力に優れた軽自動車を選ぶためのポイント

軽自動車の加速力は、エンジンのパワーや車両の重量、トランスミッションの性能などによって変わってきます。一般的に都市部で走行することを目的として設計されていることから、普通乗用車のような加速はあまり期待できないと考えた方が良いでしょう。しかし条件が揃うことで、かなりの加速力を感じることもできるようになります。
そのためにも重要なのがエンジンです。軽自動車ではエンジンの排気量が法律で定められており、それを上回ることはできません。ですがターボ機能を搭載している車種であれば、空気を取り入れることでかなりの瞬発力を得ることができます。
車体が軽めなものもおすすめです。軽自動車と言っても背が高いものから低いものまで様々ありますが、コンパクトに設計されているものであれば重量が軽く、より早く走り出すことができます。
自動で開閉するスライドドアやリアハッチなどを装備した車種はどうしても重量が重くなってしまうので、蹴り出しを重視するのであれば避けた方が良いでしょう。

軽自動車購入に役立つ情報を集めよう

軽自動車が安いサイト

新着情報

◎2024/1/16

情報を更新しました。
>軽自動車はさらなる進化を続けより注目されている
>軽自動車は燃費が最強だというのは本当なのか
>軽自動車は運転テクニックが未熟な人にお勧めです
>軽自動車は大人が乗っても窮屈なほど狭くはない
>加速力に優れた軽自動車を選ぶためのポイント

◎2023/03/20

情報を更新しました。
>装備でかなりの開きがでる軽自動車の中古相場について
>燃費の良い軽自動車は中古で購入して予算の節約を
>中古軽自動車の購入は車検とセットプランがおすすめ
>中古軽自動車を購入する際には自宅のスペースを要確認!
>中古軽自動車の購入時には電気系統も注意して確認!

◎2022/5/30

情報を更新しました。
>軽自動車は若葉マークでも安全に運転がしやすい
>自分の軽自動車でペーパードライバーのための運転講習を受けられる
>軽自動車ドライブをしている時に左折時気を付ける点
>外国人は国際ライセンスで軽自動車に乗ることができる
>軽専用駐車場に軽自動車以外の車両が停まるのは法律違反になるのか

◎2021/4/14

優先すべき条件とは
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

軽自動車の車種
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「中古車 店」
に関連するツイート
Twitter

注目ショップのおすすめ車情報♪ ホンダ N_BOX 152.9万円 ネクステージ長岡(長岡市)

返信先:FL5手放してしまうのですね😓 諸事情がお有りかとおもうので仕方ないかとは思いますが残念です😖 私はガリバーを売却で何度か使ったことがありますが対応など親切だったのでおすすめできます、あとホンダカーズ長岡 阿賀野は私がお付き合いしているディーラーですが中古車もありおすすめです✨

【新着入庫車の情報♪】 トヨタ プリウスα 57.3万円 ネクステージ松本(松本市)

【新着入庫車の情報♪】 トヨタ ヴェルファイア 309万円 ネクステージ松本(松本市)

注目ショップのおすすめ車情報♪ トヨタ ヴォクシー 399.5万円 ネクステージ新潟東(新潟市東区)