軽自動車をお得に買うためのコツ

優先すべき条件とは

優先すべき条件とは 軽自動車は小回りも効きますし、維持費が安いこともありとても人気があります。新車で購入すると安心感がありますが、新車となると軽自動車でも200万円前後の出費になることも多くなっています。
できるだけ費用を抑えて良い車を入手するのであれば中古車にも注目してみましょう。中古を購入するときに優先すべき条件としては、まずは走行距離があげられます。走行距離が短いほうが良いというイメージもありますが、年式のわりに走行距離が短すぎる車はメンテナンスが十分に行われていない可能性もあるので注意が必要です。
そして、条件としては、どのようなタイプの車を選ぶのかもあげられます。軽自動車にもいろいろなタイプがありますので、使用する目的や好みに合わせて最適なものを選んでいきましょう。どのぐらいのグレードを選ぶのか、年式をどれぐらいにするのかも決めておきたいところです。さらに、購入するときは費用も発生します。少し高くても状態の良い車を選ぶのか、状態が悪すぎなければ、できるだけ安いものを選ぶのかなど予算によって選び方も変わってきます。

軽自動車を買うなら中古と新車どっちがおすすめ?

軽自動車を買うなら中古と新車どっちがおすすめ? 軽自動車を購入するにあたって中古が良いか新車が良いか迷っている方も多いかもしれません。ただ、どちらにもメリットもあればデメリットもあります。そのため、両者の特徴を理解し納得した上でその購入を行うのがおすすめです。
新車を購入するメリットは、自分好みにとことんカスタマイズできる、という点が挙げられます。契約してから生産を開始するいわゆるオーダーメイド式が基本なのでボディーカラーはもちろんサンルーフを付けたい、などの細かいこだわりがある人は新しいものを買いましょう。
一方で、その分だけ軽自動車を納車してもらえるまでの時間がかかる点には注意が必要です。加えて、当然ながらその分価格は高い傾向にあります。お財布を踏まえた上でその選択をする必要があります。
なお、中古車を購入するにあたっての注意点として、燃費のチェックを必ず行いましょう。せっかく安く購入してもランニングコストが高くついてしまっては意味がありません。注意してください。

新着情報

◎2024/1/16

情報を更新しました。
>軽自動車はさらなる進化を続けより注目されている
>軽自動車は燃費が最強だというのは本当なのか
>軽自動車は運転テクニックが未熟な人にお勧めです
>軽自動車は大人が乗っても窮屈なほど狭くはない
>加速力に優れた軽自動車を選ぶためのポイント

◎2023/03/20

情報を更新しました。
>装備でかなりの開きがでる軽自動車の中古相場について
>燃費の良い軽自動車は中古で購入して予算の節約を
>中古軽自動車の購入は車検とセットプランがおすすめ
>中古軽自動車を購入する際には自宅のスペースを要確認!
>中古軽自動車の購入時には電気系統も注意して確認!

◎2022/5/30

情報を更新しました。
>軽自動車は若葉マークでも安全に運転がしやすい
>自分の軽自動車でペーパードライバーのための運転講習を受けられる
>軽自動車ドライブをしている時に左折時気を付ける点
>外国人は国際ライセンスで軽自動車に乗ることができる
>軽専用駐車場に軽自動車以外の車両が停まるのは法律違反になるのか

◎2021/4/14

優先すべき条件とは
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

軽自動車の車種
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「軽自動車 条件」
に関連するツイート
Twitter

トヨタの場合は、国の基準では1,100kgの台車で衝突試験をするところ1,800kgの台車を使った(国の基準より厳しい条件) 1,100kgじゃ軽自動車クラスだし、1,800kgなら大抵の普通車クラスをカバー出来るからより良いデータが取れると思うけどなぁ 国の定めた基準では無いけど不正て

返信先:ライドシェアを始めるにも、条件が多いですよ。例えば?本業の後に9時間の休息を空けてとか、10年落ちの車はダメとか、軽自動車もダメとか、時給1400円+歩合?とか割があいませんよ。

航続距離と価格と構造的に厳しい条件だというのは理解しつつ、それが街乗りメインでボトルネックになりにくいだろう軽自動車だからこそ、今はメインストリームではなくなったハイトワゴン形状より、N-BOXのような背高スライドドアワゴン形状の軽BEVを出す方が先では?と思ってしまう。

軽自動車ターボ・・・四駆・・・AGS・・・ この条件にあらずんば・・車にあらず・・だ・・・!>RT

「フロアジャッキー 軽自動車〜小型自動車 (¥3,000)」を